top of page

News

Helical Fusionが副会長を務める「一般社団法人フュージョンエネルギー産業協議会」が設立社員総会、設立記念会を開催しました

民間主導でフュージョンエネルギー産業の創出を加速


弊社が副会長を務める「一般社団法人フュージョンエネルギー産業協議会(通称:J-Fusion)」は、産官学の力を結集し、核融合技術を未来の産業競争力の源泉とすべく、5月21日に設立社員総会、設立記念会を開催しました。

高市早苗内閣府特命担当大臣(列下段中央)ならびに盛山正仁文部科学大臣(列下段左から 2 番目)と理事会社各社、

Helical Fusion代表取締役CEOの田口(列下段左から1番目)


J-Fusionは、政府の「フュージョンエネルギー・イノベーション戦略」に基づき、将来巨大な産業分野となることが世界的に期待されているフュージョンエネルギー産業の創出により日本並びに世界のエネルギーシステムに革新をもたらし、将来の安定でクリーンなエネルギーによる人類の発展に寄与することを目的として、本年3月29日に設立されました。

現在、協議会設立の発起人であるメーカー、商社、ゼネコンなど、計21社の企業のほか、新たに29もの企業・団体が加わり、さらなる企業から参画の申し込みを受けています。


Helical Fusionは、電力を供給する商用の核融合炉自体の開発を手がける唯一の日本企業として、J-Fusionを通して日本の産業界、ならびに大学・研究機関、政府関連組織が一体となったフュージョンエネルギーの産業化を推進し、日本の国際競争力強化に貢献してまいります。

J-Fusionの詳細やご入会については、ホームページをご覧ください。


Comments


bottom of page